半沢直樹最終回

ニュース内容

やられたら倍返しだのフレーズで流行語となりつつある半沢直樹ですが最終回の視聴率は42%、さらには最高視聴率がなんと50%を超えました。2011年に放送された番組「家政婦のミタ」の最終回の40%で平成の民放ドラマではトップを記録したそうです。そんな半沢直樹の続編はあるのでしょうか。

続編はあるのか その1


半沢直樹1

このドラマ半沢直樹の演出を構成した福沢克雄監督は「恩は倍にして返します。責任を持って頭取まで描きたい」と続編を作る意欲を示しています。

しかしながら半沢直樹の続編についてテレビ側はまだ予定していないとしています。映画製作や配給などを行う「映画24区」代表の三谷一夫さんは「あの終わり方はテレビドラマでの続編への布石でしょうね」とコメントしました。この続編はテレビドラマか映画化か気になりますね。

続編はあるのか その2

大手銀行員でもあった三谷一夫さんは半沢直樹の放送前から「池井戸さんの小説を映画化したい」と言っていました。しかし三谷一夫さんは今回の半沢直樹のヒットによってライバルが確実に増え半沢直樹の原作の小説を作った池井戸さんの作品の映画化は難しくなると。語りました。

池井戸さんって誰?

日本の小説家で慶應義塾大学文学部および法学部卒している高学歴の方です。今回ニュースに取り上げている半沢直樹の原作である小説を2004年~2008年まで書かれている人物でもあります。

池井戸さんの原作は争奪戦か

今回の半沢直樹のヒットにドラマや映画化といった様に池井戸さんの原作の小説をもとに映像化するライバルが増えています。

池井戸さんの関心が強まる中実は半沢直樹のドラマの前からWOWOWで空飛ぶタイヤや受賞作の下町ロケットなどドラマ化していました。半沢直樹の作品いがいにも高い評価を得ているみたいです。

続編製作への意気込み


半沢直樹 最終回視聴率

半沢直樹の天敵を演じた愛之助さんがブログで「次回につながればうれしいですね」とコメントを寄せたことからスタッフやキャストに続編制作への意気込みはかなり高いです。続編のドラマ化も気になりますが池井戸さん原作の作品の映画化やドラマ化も期待がふくらみますね。

当初の監督の予想視聴率

福沢克雄監督は平均視聴率15%を目指していました。最終回で20%取ろうとしていたらしく銀行という男の世界が舞台なので女性層には視聴されないと見込んでいた。

ですので最初の放送で視聴率12~15%とり最終回で20%持っていこうと考えていました。ドラマ制作のプロデューサーと「平均15%取りましょう!」と約束していたくらいです。しかし放送してみると女性が釘付けに見ていた。 このことからテレビ業界の予想や常識がいかに適当なものなのかと考えるさせられました。